さてとまる

日々を綴る

Hall and Oats よく聞くやつ

今週のお題「わたしのプレイリスト」

懐メロですみません。でもいまだに好きだなあ。

以下です。

1.Kiss On My List

転調に技あり

 2.Wait For Me

不朽の名作。LIVEバージョンがナミダモノ。


3.Everytime You Go Away

いい。多分一発録り。
4.You've Lost That Loving Feeling

ソウル小僧の片鱗

5.Portable Radio

リズム隊が完璧。だが彼らの歌も凄い。
6.Did It in A Minute

ホール&オーツらしさが滲み出る


7.Who Said The World Was Fair

ディスコ


8.You Make My Dreams

軽快なノリが○


9.Something Better Left Unsaid

さすがニューヨーク録音。お洒落。


10.Private Eyes

言わずと知れた大ヒット

 

ダリル・ホールの書くとってもキャッチーなメロディーとジョン・オーツの黒すぎるボーカル。私はこの人たちに、人生でいちばん最初にソウルミュージックというものを教えてもらいました。

彼らはブルーアイドソウルど真ん中の人たちだけど、1960年代のフィラデルフィアで、音楽があったから、ブラックの友だちがいっぱいいた、というのはいい話だなあ、と思う。それっくらいソウルミュージックが大好きだった、ということ。

4.は彼らと同じくブルーアイドソウルの大御所、The Righteous Brothersのヒット曲のカバーです。時々こういう、Soul小僧みたいなところが出るのがまた魅力でした。

私はアルバム「X-Static」から入ったので、このアルバムは今でもよく聞いています。プロデューサーがデヴィッド・フォスターなので音が洗練されている。でも二人のボーカルがそれに負けず劣らず人間ぽい。この個性がまた良かった。

ホール&オーツに出会わなかったら、ソウルミュージックの素晴らしさはわからなかったと思います。素敵な音楽の入口を作ってくれてありがとう!

以上。